学歴だけが人生じゃない

企業が社員に求めているのはやり抜く力です。
 
それも、好きでないことでも責任を持ってやり抜く力を持った人材です。
 
難関校の受験を突破してきた学生は、この能力を備えている可能性が高いのです。
 
だから企業はできるだけレベルの高い大学から学生を採用したがります。頭がいいとか勉強ができるからではありません。
 
やり抜く力は「信用」でもあるのです。
 
よく「日本の大学生は勉強しない」などと言われることがありますが、彼らは受験を通して、すでに「やり抜く力」があることを証明して相応の社会的信用を得ています。
 
これが日本における学歴の価値です。
 
もちろん、専門知識や技術をしっかり身につけていることも大切ですが、それに加えて「やり抜く力」がなにより必要とされています。
 
それさえあれば、知識や技術は入社後からでも習得できるでしょう。
 
そう考えてみると、親として、子供が「やり抜く力」を会社のためではなく、もっと自分の人生のために使って欲しいと思いませんか?
 
 
 
難関校に入って大企業や官僚を目指すという人生の戦略は今でも有効だと思います。
 
ただしトップクラスの大学に入れなければ、今まで受験勉強に費やしてきた時間と努力を活かしきれなくなります。
 
大企業を目指すこの戦略は、受験で失敗したときの潰しが効かないのです。
 
しかも受験勉強を頑張って得られる能力なんて、入試問題を解けるようになることくらいです。
 
入試問題が解けるようになったからといって、頭が良くなるわけではありません。入試問題が解けることと頭が良いことは、あまり関係ないです。
 
受験勉強で得た知識やノウハウを実生活のさまざまな場面で活かすこともできますが、それと引き換えに失ったものの大きさを考えると割に合いません。
 
受験勉強と引き換えに失う最も大切なもの、それは人生の時間です。
 
お子さんの将来を考える時、トップクラスの大学を目指す以外に、どのような戦略があるでしょうか?
 
子供の時間を受験勉強以外で有効に使うとしたら、どのようなことがあるのでしょうか?
 
 
 
今の時代、本気で打ち込めるものを見つけて、それに邁進することで大きな成功につながることがあります。
 
安定した大企業への就職をめざすだけではなく、純粋にやりたい仕事を目指すのも成功への道のひとつです。
 
(ここで言う成功とは、充実した生活を意味しています。)
 
そのためには、できるだけ良い大学に行って就職するというパターンはいまだ有効ですが、やりたい仕事に就くための戦略は、他にも確実に増えています。
 
親の世代が思っている以上に、人生の選択肢は増えているのです!
 
なんであれ「やりたいこと」を早い時期に見つけられた子はとても有利です。
 
どのような道に進めばより安全により上手くいくのかを考えて正解を探すのではなく、まずは自分の好きな道を選び、選んだ道が結果的に正解だったと言えるように努力すればいいのです。
 
 
関連コラム「英会話」もあわせてお読みください。
 

 

 

シアーズ博士夫妻のベビーブック

初めて子育てをするご両親に、カウンセラー金内昭人がお勧めする育児書です。出産前にぜひご一読ください。

アメリカで人気の高い小児科、ウイリアム・シアーズ博士と看護師でもあるマーサ夫人による育児書の日本語版。子育ての状況の変化に合わせたアドバイスや医学的な最新情報などを、わかりやすくていねいで、ウイットにも富んだ語り口で折り込み、決定版と言える内容になっています。