英会話

将来なにをするにしても、身につけておいて損はないどころか、圧倒的に人生が有利になる能力ってあると思うんですよ。
 
私が子供の頃に戻って人生をやり直せるとしたら、できるだけ若いうちに身につけておきたい能力が2つあります。
 
そのひとつは英会話です。(ちなみに、もうひとつは算命学です。)
 
日本では英語教育が盛んなようですが、ネイティブスピーカーのように話すことを目指す必要はありません。
 
とにかく、聞いてわかって、話して通じればいいいのです。
 
ただし英語が話せるだけでは意味がありません。
 
だって、話すだけなら英語圏の国で育った人にはかなわないのですから。
 
相手が耳を傾けてくれるだけのコンテンツを持っていることが大切です。
 
専門的な知識や技術を持つ人達が集まるところで「拙い英語しか話せないのにこの場にいるなんて、この人間はただ者じゃないな?」と思われるような状況でないと、英語が話せても大した優位性はありません。
 
海外で活躍するプロスポーツ選手などはわかりやすい例です。
 
他にも、和食の板前さん、エンジニア、科学者、美容師、さまざまな分野のアーティスト、日本の商品知識が豊富な商社の社員などなど、英語で活躍の幅が広がる職業はいろいろあります。
 
ずば抜けて優秀な人には通訳をつけてくれたり、相手が日本語を勉強しようとしてくれることだってあります。
 
英会話力が最大限に活かされるのは、高度な専門知識や技術をあわせもったときです。
 
翻訳者や通訳者も、特定の分野の専門知識がなければ、安い仕事ばかりになってしまいます。
 
英会話は目的ではなく手段です。
 
専門性の高い技術と英会話力を併せ持てば、それこそ信用を積み重ねていくことで、時には組織に属し、また時には個人事業として、世界の顧客を相手に仕事ができます。
 
 
そういう時代になっているのです。
 
 
スカイプ英会話など、かなり安いクラスがたくさんあるので、お子さんには学校での英語の勉強の他に、少しでも会話の経験をさせてあげるといいでしょう。
 
これは私見ですが、ほとんど会話の経験もないままに、いきなり短期の語学留学をさせても費用の割にたいした効果は期待できません。
 
あるていどのトレーニングは日本でもできるので、外国に行くならそれなりの会話力をつけてからの方が効果的です。
 
ところで、英語に力を入れすぎるあまり、母国語がおろそかにならないように気をつけてくださいね。
 

 

 

シアーズ博士夫妻のベビーブック

初めて子育てをするご両親に、カウンセラー金内昭人がお勧めする育児書です。出産前にぜひご一読ください。

アメリカで人気の高い小児科、ウイリアム・シアーズ博士と看護師でもあるマーサ夫人による育児書の日本語版。子育ての状況の変化に合わせたアドバイスや医学的な最新情報などを、わかりやすくていねいで、ウイットにも富んだ語り口で折り込み、決定版と言える内容になっています。