ここ一番のチャンス

一生を通じて、運勢には大小様々な波があります。その中でも、一生に1回か2回あるかないかの大きな運勢の変わり目はとても大切です。
 
いままで上手くやってきた人は、その変わり目で大きく運勢を落とさないように、無駄なもの、過剰なものを整理して大きく生き方を変えたほうが良いかもしれません。
 
いままで苦労続きでいろいろなことが思うようにならなかった人は、人生の後半で大逆転する大きな、そしておそらく最後のチャンスになるでしょう。
 
実力はつけてきた、経験もある。でも、なぜか今までいい波に乗れなかった・・・
 
そんな方は、ここ一番のチャンスを見逃さないために算命学をお役立てください。
 
そして一度おおきく成功してしまうと、なかなか自分からその舞台を降りることができません。
 
「降りる必要があるの?」
 
はい、どんなものにも潮時というものがあります。
 
そのタイミングを見誤ってしまうと、運勢はあの手この手を使ってあなたを成功の舞台から引きずり降ろそうとしてきます。
 
例えば、大きな病気、事故、仲間の裏切り、取引先の破綻、新規事業の失敗、詐欺・・・
 
なにか大きな問題が起こったら、それは引き際を知らせる最初のサインかもしれません。
 
大きな痛手を被る前に、生き方を変えるのも人生の戦略です。