夫婦問題に決着をつける3ステップ

ステップ1.  旦那さんの心の秘密を理解する。

まずは旦那さんを知るために
一般的な男性の習性から見ていきましょう。

自然思想によると、男性には精神性を重視する傾向があります。
 
洗濯物が溜まっていても、流しに汚れた食器が山積みになっていても、明日の夢を語ることを優先してしまうのです。もしくは、明日の心配事に思いを巡らせることを優先してしまうのです。
 
だから、世の男性のほとんどは、合理的に家事や育児をこなすことはできません。良くも悪くもあれこれ思いを巡らせていれば、部屋が散らかっていようが問題ないのです。
 
男性に家事や育児を頼むのであれば、
 
「あなたが掃除をしてくれないと部屋が片付かない」
 のように現実的な必要性を訴えるのではなく・・・
 
「あなたが掃除をしてくれると、私はとても嬉しい」
 のように精神的な必要性を訴えたほうが効果的です。
 
そして、さらに旦那さんを一人の男性としてより深く理解するためには、個性のフィルターを重ね合わせていく必要があります。
 
人にはそれぞれ異なる性格があります。なにかを伝えるにも、直接はっきり言うのがいいのか、理由を細かく説明する方がいいのか、感情に訴える方がいいのか、ときにはおだてる方が効果的なのか、ほんとうに人それぞれなのです。
 
そしてさらにやっかいなのは、ご本人も自覚しないところで、無意識のうちに妻に求める「理想像」があることです。
 
この理想像は、一緒に暮らし始めてしばらくするとじわじわと見えてきます。
 
例えば・・・
 
お付き合いしていた頃はあんなに仲良くいつも一緒にいたのに、結婚してしばらくすると二人で出かけることなど殆どなくなってしまった。
 
・・・などというのも、意識とはまた別のところで相手に独立した関係性を求めていた結果だったりします。
 
このように、ホリスティックカウンセリングで旦那さんの性格や心の向こう側にある理想像を知ることで、なにか話をするにしても旦那さんの心のどのボタンをどう押すべきなのか、また、どのボタンを押すべきでないのかがわかってきます。
 
それがわかったら、ひとつずつ適切なボタンを適切な方法で押してみて、反応や変化を観察してみましょう。
 
ここまでがステップ1です。
 


 

ステップ2.  自分の心の秘密を理解する。

自分自身を知るために
一般的な女性の習性を見ていきましょう。

自然思想によると、女性には現実性を重視する傾向があります。
  
生活で問題が生じても、その原因を論理的に追求することはあまりしません。そのかわり、友達などに溜め込んだ思いをすべて吐き出した後は、状況を打開するために現実的な行動を起こします。
 
だから、女性は文句を言いながらも、合理的に家事や育児をこなすことができるのです。
 
男性から見ると、女性はたくましいのです。
 
女性と将来の夢を語り合いたい男性は、まずは現実的な身の回りの生活をきちんとすることが大切です。
 
一般論として、男性は精神性を重視し、女性は現実性を重視する傾向が強いというお話をしてきました。もちろん話はそれほど簡単ではなく、人それぞれの個性、性格を重ね合わせていかなければなりません。
 
また興味深いことに、セックスのことになると、男女が精神面と現実面のどちらを重視するのか、その傾向が逆転したりします。
 
さらに複雑なことに、一見、現実面を重視した行動に見えて、じつはその行動を起こした理由は精神面から来ていた・・・ などということも多々あります。
 
複雑で人それぞれ、その時々で異なる人の心理、つまり心の傾向をホリスティックカウンセリングで探っていきます。
 
こうして相手と自分自身の振る舞いについて
 
なぜそうするのか?
なぜそんなことを言うのか?
なぜそんな考え方をするのか?
 
などの理由が見えてきたら、それぞれのご夫婦だけの関係性の特徴を見出していきます。個人だけではなく、夫婦の関係そのものにも個性があるのです。
 
ここまでがステップ2です。
 


 

ステップ2で問題解決?

 
ご自身と旦那さんの性格、心の奥で相手に求めている理想像、そしてご夫婦の個性を知ることで、夫婦の問題が解決してしまうことがよくあります。
 
どのように解決するのでしょうか?
 
ひとつのパターンは、状況に対する感じ方が変わることです。旦那さんの振る舞いは相変わらずで、なにか状況が変わったわけではないのですが、なぜ、このような状況なのか、その理由を知ることで・・・
 
 「これはこれで、いいのかな・・・」
 
と思えるようになってしまうことがあります。
 
「まぁ、しかたないか・・・」と
 
いい意味であきらめがつくのです。
 
解決するもうひとつのパターンは「旦那さんの行動が変わった」というものです。
 
そんな簡単にいくわけないでしょ?
そういうこともあるだろうけど、めったにないでしょ?
 
それが、そう少なくないのです。
 
なぜ変わったのか、その理由を相談者に聞いてみると「カウンセリングでわかった旦那さんのツボをつく言葉で、どうして欲しいのかを言ってみた」ということです。
 
でも、本当の理由はそれだけではないのです。
 
そもそも、旦那さんも悪気があるわけではなく、どうしたらいいのかわからない、あるいは、どうにかしなければいけないことに気づいていない、ということがかなり多いのです。
 
そして、相談者の多くは、そのことについて旦那さんときちんと話をしたことがありませんでした。
 
旦那さんからしてみれば、自覚のない問題に対していきなり文句を言われた・・・ という状況だったのです。
 
問題は、その時は納得してくれるのだけど、あっというまに忘れてしまう、ということなのですが・・・。
 
根気よく何度でも、文句ではなく話をしましょう。
 
さて、ここまでは割りと上手くいったお話なのですが、当然、どうにもならない例だってたくさんあります。
 
ステップ3に進みましょう。


 

ステップ3.  自分のために決断する。

 
ステップ2まででは解決に至らない場合・・・
 
話し合ってもどうにも解決に至らない。
そもそも話し合いにならない。
いちいちお願いしないとわかってもらえないのがイヤ。
 
という状況が多いです。
 
じつは、ステップ2までで解決するケースでは、旦那さんが変わったわけではありません。
 
相談者の感じ方や考え方が変わったり、夫婦間のコミュニケーションが改善されただけです。
 
ステップ3まで解決できずに来てしまったら、いよいよ旦那さんに変わってもらうしかありません。
 
正直、簡単にうまくいくことは稀です。それでもここまできたら、いよいよ現実と真正面から向き合うしかないでしょう。
 
なぜ旦那さんとは話し合いにならないのか?
なぜ旦那さんは理解できない行動を取るのか?
そもそも、夫婦のすれ違いはどこに原因があるのか?
 
ホリスティックカウンセリングでこれらの原因を突き詰めていくと、最後は、旦那さんの精神性の土台がどこまでしっかり育ってきたのか?という問題に行き着きます。
 
そしてその答えのヒントは、ご両親との関わり方と、旦那さんのこれまでの生き方にあります。
 
そしてもし精神性の成熟度に問題があったとして、それを今から改善させることはできるでしょうか?少なくとも妥協できるところまで、状況は良くなるでしょうか?
 
最後は「あなたがそこをどう見極めるか」になります。
 
もし、どうにもならないと判断したのであれば、あなた自身が、ご自分の人生を取り戻す道を模索するしかありません。
 
簡単に書いてしまいましたが、この過程は、あれこれ思い悩みながら長い時間を要するかもしれません。
 
あきらめるしかないと心のどこかでわかっていても、子供のこと、収入のことなど現実的な問題や、いままで一緒にやってきたことを考えると、なんとか旦那さんに態度を改めてもらって、離婚を回避しようと何年も悩み続けている方もいらっしゃいます。
 
時間は止まることなく過ぎていきます。
ご自身の人生としっかり向き合って決めてください。
 
どのような結果であれ
ステップ3のゴールは「決断すること」です。  
 
 ご一緒に、あなた自身の人生を取り戻していきましょう。 

ステップ3.  自分のために決断する。

 
ステップ2まででは解決に至らない場合・・・
 
話し合ってもどうにも解決に至らない。
そもそも話し合いにならない。
いちいちお願いしないとわかってもらえないのがイヤ。
 
という状況が多いです。
 
じつは、ステップ2までで解決するケースでは、旦那さんが変わったわけではありません。
 
相談者の感じ方や考え方が変わったり、夫婦間のコミュニケーションが改善されただけです。
 
ステップ3まで解決できずに来てしまったら、いよいよ旦那さんに変わってもらうしかありません。
 
正直、簡単にうまくいくことは稀です。それでもここまできたら、いよいよ現実と真正面から向き合うしかないでしょう。
 
なぜ旦那さんとは話し合いにならないのか?
なぜ旦那さんは理解できない行動を取るのか?
そもそも、夫婦のすれ違いはどこに原因があるのか?
 
ホリスティックカウンセリングでこれらの原因を突き詰めていくと、最後は、旦那さんの精神性の土台がどこまでしっかり育ってきたのか?という問題に行き着きます。
 
そしてその答えのヒントは、ご両親との関わり方と、旦那さんのこれまでの生き方にあります。
 
そしてもし精神性の成熟度に問題があったとして、それを今から改善させることはできるでしょうか?少なくとも妥協できるところまで、状況は良くなるでしょうか?
 
最後は「あなたがそこをどう見極めるか」になります。
 
もし、どうにもならないと判断したのであれば、あなた自身が、ご自分の人生を取り戻す道を模索するしかありません。
 
簡単に書いてしまいましたが、この過程は、あれこれ思い悩みながら長い時間を要するかもしれません。
 
あきらめるしかないと心のどこかでわかっていても、子供のこと、収入のことなど現実的な問題や、いままで一緒にやってきたことを考えると、なんとか旦那さんに態度を改めてもらって、離婚を回避しようと何年も悩み続けている方もいらっしゃいます。
 
時間は止まることなく過ぎていきます。
ご自身の人生としっかり向き合って決めてください。
 
どのような結果であれ
ステップ3のゴールは「決断すること」です。  
 
 ご一緒に、あなた自身の人生を取り戻していきましょう。