旦那さんのための夫婦仲改善策

ギクシャクした夫婦関係をなんとか改善したいと男性から相談されることもあります。
 
「オレだって一生懸命にやってるんだ」
「オレだってなんとかしたいと思っているんだ」
「オレだってどうしたらいいのかわからないんだ」
 
あのぉ・・・ 旦那さんがやるべきことは、たったひとつだけです。
 
解決策は、たったひとつしかありません。
 
私、あまりものごとを断定的に言うことはないのですが、これだけは、おそらく言い切ってしまってもいいのではないかと思っています。
 
たぶん、他に方法はないでしょう。
 
ギクシャクした夫婦関係に決着をつけたい旦那さん。あなたのやるべきことは、たったひとつです。
 
「仕事が終わったらとっとと家に帰り、奥さんと話をする時間を増やすこと」
 
以上です。
 
「話してもすぐにケンカになる」
「どうせ文句しか言われない・・・」
 
いいんです、それで。
 
奥さんには言いたいことがあるのですから、愚痴でも文句でも言われてください。言い返してケンカになってもそれはしかたないです。
 
「何を話せばいいのかわからない」
 
難しく考えすぎです。話す内容はなんでもいいのです。
 
大切なのは、同じ時間と空間を共有して二人で話をすることなのです。たまには外出してレストランにいくのもいいですね。
 
えっ、奥さんが口をきいてくれないですって?
 
奥さんが口をきいてくれないということは・・・まぁ、いろいろあるとは思いますが、まずは、とにかく一緒にいる時間を増やすことです。そうしないことには状況は良くも悪くも先に進みません。この難局をどう乗り越えるか、セッションの中で一緒に悩みながら考えましょう。
 
 
では、一緒にいる時間を増やして、たくさん話をして、それで夫婦関係は改善されるのでしょうか?
 
それはわかりません。でも、なにがしかの結論には至ると思います。
 
ダメな時はダメです。
そのことがはっきりします。
これもひとつの結論です。
 
それから・・・
 
「早く家に帰って話をしろと言うけれど、オレには仕事があるんだ、そんな時間はない」
 
とおっしゃる方がいらっしゃいます。
 
これもダメです。奥さんと過ごす時間を作らない限り解決の余地はほぼないです。
 
女性は自分がパートナーに選んだ男性に頼れるだけの精神性を求めます。どんなにお金を稼いできても、精神的に頼りにならない旦那ではダメなのです。
 
よりよい夫婦関係を続けていくためには・・・、これは夫婦だけでなく恋愛でもそうなのですが、男性は頼ってもらえるだけの精神性を、女性は任せてもらえるだけの現実性を、それぞれ相手に提供していかなければなりません。
 
そのような関係ができて初めて、男性は今まで以上に精神性を発揮することができ、女性も今まで以上に現実面を堅実なものにできます。
 
だからこそ、まず、男性は精神性を高めることが、女性は現実面をしっかりさせることが、幸せな結婚のためにとても大切なのです。
 
男女の関係と精神性と現実面はそれぞれが表裏一体です。
 
精神性がしっかりしている男性は現実面もしっかりしてきます。現実面がしっかりしている女性は精神性もしっかりしてきます。
 
家事や育児が得意な男性もいます。自身のキャリアのために働く女性もいます。
 
これは道徳論でも精神論でも理想論でもありません。自然思想が教えてくれる、男女関係の自然なあり方です。