離婚と子供

いざ離婚を決意しようとするとき、やはりお子さんのことは気がかりですよね。
 
子供のことを考えると、このまま夫と一緒にいた方がいいのかもしれない。せめて、子供がもう少し大きくなるまで、しばらくは我慢した方がいいのかもしれない。
 
実際、お子さんのことを考えれば、ご両親が揃っているに越したことはありませんよね。
 
でもね・・・、離婚し方が良いことだってあるかもしれないのです。
 
子供の宿命?いえいえ、まずは算命学以前の問題から考えてみましょう。
 
子供のためには、離婚は避けるべきなのでしょうか?
 
どんな宿命であれ、子供には両親がそろっていることがなによりですが、「ただいればいい」というものでもないでしょう。
 
例えば・・・
 
家にいるあいだ、ずっとケンカばかりしている両親。しょっちゅう家族に暴力を振るう父親。父親がいない日中、子供がいるのに不倫相手を家に連れ込む母親。
 
子供が大きくなるまではと、なんとか夫婦でいる、離婚しないでいることがはたして本当にいいことなのか?宿命とか運勢とかを考える前に、まずは常識的に考えてみて欲しいのです。
 
「あのぉ〜、そんな極端な状況なら、とっくに決心していますよ!」
 
はい、ごもっとも。もう少し微妙な状況について考えてみましょう。
 
子供にとって両親は、父親が父親の役割を、母親が母親の役割を、それぞれきちんとはたしてくれて本当に大切な存在になります。でもそれは、とても難しいことです。
 
だからせめて、子供に悪影響を与えないよう、みなさんできる限り注意を払っていることでしょう。
 
ですからここを、子供のために離婚を先延ばしにするか否かのひとつの目安にすることができると思います。
 
つまり「子供に悪影響を与えないよう、注意を払うことができているか?」がポイントです。
 
実際、いろいろな問題はあるでしょう。それでも「注意を払う」ことを忘れていなければ、子供にとって、やはり両親がいてくれることは、仲が悪くしょっちゅうケンカしていたとしても悪いことばかりではないのかもしれません。
 
 
次に算命学の視点からお話します。
 
父親、あるいは母親がいないと、成熟した成人に育ちにくい宿命があります。片親がいなくても、なんとかしっかり育ってくれる宿命があります。子供の頃に両親が離婚することで、運勢が伸びる宿命があります。
 
ただし、運勢が伸びることと、子供の心の傷は別の話です。
 
運勢が伸びるから、離婚した方がいい、というようなことはありませんよね。もし親が離婚したとしてもなんとかなる・・・、くらいに考えた方がいいと思います。
 
 
母親が子供を連れて離婚を決意するとき、一番大切なことはなんでしょうか?それは「自分自身がしっかりすること」です。
 
具体的には・・・
 
・ダメなものはダメとあきらめる。
・切るものは後腐れなく切る、捨てる、手放す。
・やるべきことをやる。
 
「ああすればよかった、こうすればよかった」とか、「もっとなんとかできなかっただろうか?」とか、どうにもできないことにいつまでも足を引っ張られないことです。
 
小さな子供は、ひとりで生きていけません。お母さんに頼るしかないのです。だからこそ「自分自身がしっかりすること」そして、そのためにはまず「今の自分を知ること」が大切です。
 
どういうことでしょうか?
 
自分の性格を知ること?自分が今、何がしたいのかを知ること?ここでは、今の自分が抱いている「本当の感情」を知ることに焦点を当てます。
 
さまざまな出来事があって、さまざまな問題があって、さまざまな感情があると思います。そのなかで「本当の感情」を見つけるのです。
 
候補は「怒り」「悲しみ」「恐怖」の3つです。
 
これらを声に出して読んでみて、どれが一番、あなたの心を捉えるか見てみるのです。時に、身体の反応を伴うこともあります。
 
「本当の感情」を見つけたら、その感情のエネルギーを処理することで「自分自身がしっかりすること」に繋がっていきます。
 
 
子供にとって父親の存在が与えてくれるものとはなんでしょうか?自然思想では、家族を守ってくれる安心感と社会で生きていくための知恵を与えてくれることだと考えます。
 
お母さんは、どうしても子供の生活態度に意識が向かいがちです。部屋をきれいにしているか?宿題はやったか?早く寝て、朝ちゃんと起きられるか?身だしなみをきちんとしているか?
 
もちろん、どれも大切なことです。この他に、少しでも父親にかわってできることがあるとすれば、それは「子供との対話」です。
 
対話と言っても、上記のような生活態度のことではなく、例えばテレビのニュースをみながら社会のことについて話しあったり、将来どんな仕事をしたいのかなどがいいと思います。
 
自分には向かないな・・・ と思ったら、父親(子供の祖父)や兄弟(子供の叔父)などに頼んでみるのもいいのではないでしょうか?